安全への取り組みについて

 

コンテンツ会社案内リンク集お客様情報のお取り扱いについて安全への取り組みについて安全運転マネジメント安全管理規定ホームに戻るお問い合せ:089-924-6114

運輸安全マネジメント

平成26年4月1日

1.輸送の安全に関する基本的な方針

次の項目を中心に安全性向上に積極的に取り組みます。

  1. 事業活動においては、お客様の安全確保を第一に考え、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるとの意識を徹底します。
  2. 安全確保のため、日頃から危機要素の排除に努めます。
  3. 常に安全意識を高く持ち、社会の変化に対応しつつ確固とした体制を目指します。
  4. 万が一、事故・災害が発生した場合には、お客様の救護を最優先に行い、他の機関との連携協力を密にし、被害の拡大防止、適切な情報開示、早期復旧に全力を挙げます。
  5. 安全に関する教育、訓練、研修等を適時適切に実施します。
  6. 計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を実施します。
2.輸送の安全に関する目標と主な取組み

[目 標]

重大事故ゼロ、有責事故前年比30%減を目指します。

[主な取組み]

○厳正な点呼の実施

・アルコールチェッカーによる検査の徹底

○事故防止の取組み

・教育担当責任者と事故惹起者で事故原因や防止策に関して話し合い、同じ事故を繰り返さないようにする。

・事故防止委員会を開催し、事故の原因や防止策、そして賞罰を審議し、運転士への指導に役立てる。

○運転士の健康管理、過労防止に努める。

・定期健康診断を実施する。(年2回)

・定期健康診断に基づき運転士に対して指導を行う。(高血圧、糖尿、睡眠時無呼吸症候群)

3.安全管理規程

こちらをご覧ください。

ページトップに戻る